看護部ブログ

期待のニューカマー!!

2019.02.18
看護部ブログ

週末は第108回看護師国家試験がありましたが、年を重ねるごとに試験の傾向も変化し、
受験生の皆さんは大変なご苦労をされていらっしゃることと思います。

おゆみの中央病院では昨日、国試を終えられた新卒内定者の皆さんに
就職へ向けた準備に集まっていただきました

2019卒の看護学生の皆さんの出身養成校(まだ所属校ですね)は

  • 千葉市青葉看護学校
  • 千葉県立鶴舞看護専門学校
  • 帝京平成大学  (順不同)       

以上、3校の学生の皆さんが看護師としてのファーストステップとして
おゆみの中央病院を希望してくださいました

これからのご活躍に期待大です!

 

おゆみの中央病院では2020卒見込みの看護学生の皆さんからのご応募をお待ちしています。
週末、来週末と院内就職説明会/インーターンシップも企画していますので是非お気軽にご相談ください。

2014年3月に診療を開始したおゆみの中央病院ももうじき5周年を迎えようとしています。

開院前は180名に満たなかった法人在籍数も今や約600名とたくさんの人材に恵まれながら日々奮闘しています。

今回はおゆみの中央病院で働く看護師さんの年代構成についてご案内いたします。
転職をか投げているけど、何歳くらいのスタッフが多いのか?結構気になるところですよね….

 200床未満の病院だと若手ナースの割合が少なくなる印象があるのですが、以外にも当院は20代〜30代の看護師さんが多いんですね。

社会人としても職業人としても成熟してくる30代がメインで20代と40代が同じくらいの割合、そこに50代以降のベテラン看護師さんがメンターとしてフォローしてくれる…

かなりバランスの整った人員配置ではないかと思います。

意図したわけではなく結果的にそうなっただけなのですが…

世代別構成が安定していると世代毎のライフイベントなども分散されるのでそのあたりも良い点といえます。

 

おゆみの中央病院では新年度に向けて私たちと病院を盛り立てていただける看護師さんを募集しています。

募集要項等については以下をご参照ください

http://www.juneikai.or.jp/recruit01.html#Nurse

第107回看護師国家試験がいよいよ2週間後にせまり、2019年卒見込みの看護学生の皆さんは国試対策にラストスパートをかけている真っ最中ですね!

おゆみの中央病院では昨年末に近隣看護養成校での学内就職説明会に参加したのを皮切りに
2020年卒の採用活動をスタートしました。

また、今年度にはベッド数を増床し新たに170床の病院へリニューアルしたおゆみの中央病院は、
新年度までに4名の常勤医師が加わることになり、より充実した医療を提供することを見込んでいます。

前置きが少し長くなってしまいましたが、
そこでタイトルの通り、
2月16日には幕張メッセで看護学生を対象とした就職イベントへ、
2月23日には院内就職説明会を企画しています!

当院への就職を検討されていらっしゃる方も、就職先や転職先を決めかねていらっしゃる方もお気軽にお問い合わせください!

皆様からのお問い合わせを看護部一同、心からお待ち申し上げております

2018.説明会