就職関連

新卒ナース採用状況のご案内

2022.01.31
就職関連

おゆみの中央病院における2014年の開院から2022卒までの新卒年度ナース採用状況は以下の通りです。
200床未満の病院ではありますが、オープニング当初より新卒ナースの採用を地道に続けてきた当院では、これまでに22校の養成校から45名の新卒ナースの採用を行ってまいりました。

23年度においては最大10名程度新卒ナース採用を予定しています。
一昨年の年末年始頃から続くコロナ禍での就職活動は学生の皆様にとっても大変なことと思いますが、個別オンライン就職相談等、積極的に行っておりますのでぜひご活用ください。

お問い合わせを楽しみにお待ちしております!

 

 

2021.11.20に開催の予定の”ナース院内就職説明会”につきまして、オンラインイベントへの振替の指示がございましたので、お知らせいたします。
病院見学を楽しみにしていらっしゃった皆様におきましてはこの場をお借りいたしましてお詫び申し上げます。

尚、振替イベントとしてのオンライン説明会につきましては別途、ご案内差し上げたく存じます。
ZOOMというアプリを使用してのオンラインセッションを予定しております。
院内の動画などもご用意させていただいておりますので、どうぞお気軽にご参加ください。

イベントへの参加についてはこちらからお申し込みください。

イベント参加フォーマットはこちら

 

 

みなさんこんにちは。本日は当院で働くナースのインタビュー動画をお届けいたします。
今回は地域包括ケア病棟で働く入退院支援調整ナースのインタビュー動画をお届けいたします。

 

●おゆみの中央病院を選んだ理由は?

自宅から近く、育児との両立が出来るのではないかと思ったからです。子育て世代が多い地域なためか、
スタッフも同じ世代が多く理解を得たり相談が出来るため助かっています。

 

●地域包括ケア病棟の特色について教えてください

 亜急性期としての役割で、急性期治療を終えた方のリハビリの継続を主にやっています。また、医療処置があって
介護施設でのショートスティが困難な方の利用や、リハビリ目的の利用など、在宅療養中の方のレスパイト入院も
行っています。往診施設で体調を崩された方の治療入院を行うこともあります。

 

●患者様の入退院支援を実践するにあたり特に心掛けていることは?

 なるべく患者様本人・家族の希望に添った方向性で支援することです。そのためにも、退院間際で関わるの
ではなく、入院時から治療後の方向性を確認しておくようにしています。看護師の介入だけではゴールに到達
することは難しいので、達成できるように、他職種と協力して対応するようにしています。

 

●当院へ就職を検討されている方に一言お願いします。

 コロナ禍での就職活動は現場が見学できず大変だとは思いますが、スタッフや他職種と支え合いながら
仕事が出来る当院も候補の1つに入れていただけると嬉しいです。