看護部日記

 当院の外来は、整形外科・形成外科・脳神経外科・麻酔科・内科・循環器内科・呼吸器内科・糖尿病内科など幅広い診療科に対応しています。また、千葉市夜間外科系救急医療や休日二次救急なども担当し、地域の救急医療にも積極的に貢献しています。

一緒に働く外来スタッフは、とてもチームワークが抜群で、声をかけ合いながら協力して患者さんの看護ケアを行っています。

それぞれ豊富な経験を持ったスタッフがいるので、困ったときは周囲のスタッフに支えてもらい、ブランクがあっても復職しやすいと想います。また、ママさんナースも多く、プライベートに沿った勤務調整なども可能なので、子育てをしながらでも続けやすい職場環境だと思います。

外来は、病棟に比べて患者さんとの時間が短く、診察をお待たせしてしまうこともありますが、患者さんが安心して通院できるような看護を提供して行きたいと思います。

 

 当院の手術室は整形外科と形成外科の手術を行っており、手術件数も増加してきているところです。忙しいときもありますが、自慢のチームワークで協力して業務に取り組んでいます。他職種との関係も良く、雰囲気の良さがこの手術室の魅力です。また休日のオンコールや日曜祝日の手術がないため、プライベートとの両立も可能であり充実した生活を送れる良い職場環境だと想います。

 

 

 淳英会おゆみの中央病院(回復期病棟)に勤めて、最初の1年は環境に慣れることにいっぱいいっぱいで辛く感じることも多くありました。その中で師長やプリセプターをはじめとした先輩方のご指導と支えのおかげで 何とか3年目を迎えることができました。回復期病棟は 退院後の生活を視野に入れて支援することがメインになります。退院調整等は患者様とご家族との思いに相違がありなかなかスムーズにいかず難しいこともありますが、それをすり合わせながら少しでもお互いの思いを取り入れた援助を行っていくことの大切さを学びました。

3年目としての課題や業務も増えてきていますが、

この3年間で学んだことを日々の業務に活かせるよう、日々の看護を務めています。

ぜひ一緒に働き成長していきましょう